賃貸集客上において、和室部屋は無くすべきなのか?

更新日:9月16日


賃貸集客を行う時、一般的には「大手賃貸サイト」上において、物件情報を掲載してもらうのが殆どだと思います。


賃貸サイトを利用される方の多くは、賃貸物件に今後入居される可能性が多いことから、物件を募集する側=管理会社・オーナー様としては、少しでも物件印象をよくすべく「ホームステージング」や「リフォーム」等を行って、お部屋の第一印象をよくしたいと考えるはずです。

賃貸集客上、和室部屋があると、マイナスポイントとなるのか?

賃貸サイト上においては、お客様が「希望条件」を入力することができることから、築年数が経過している物件では、募集部屋の家賃を相場並みに設定しなければ、検索画面上に掲載することができなくなってしまうので、どうしても価格競争になりがちになってしまいます。


さらに築年数が経過している物件では「和室部屋」がある場合があり、賃貸で和室部屋があることによって、「退去時に必然的に表替え費用が発生してしまう」ことから、若い世代を中心に「敬遠」されがちになってしまうので、近年では賃貸集客上有利にするために「和室部屋がある賃貸物件」では、洋室に間取り変更する物件が多くなってきています。



和室部屋を洋室に間取り変更することによって、賃貸サイト上における懸念(和室部屋があることによって、物件検索されないこと)は、払拭しますが、ただ和室部屋を洋室に変更したからといって、すぐに成約になることは、正直懐疑的。


賃貸サイト上のみでしか賃貸集客をしていない物件では、どうしてもお客様の意向にあった部屋のみしか、掲載画面上に残らないため、和室から洋室に変更した物件であっても、正直な所「家賃勝負」となってしまうので、費用耐候が期待できるかというと、そういうことではありません。また、和室を洋室に変更しても、和室感はどうしても残ってしまうことから、室内空間に違和感を感じてしまう恐れは、十二分にあります。



和モダン空間が魅力的な和室部屋は、お客様から高い評価を頂いております
弊社リノベーション物件では、あえて和室部屋を残しています

弊社所有物件は、日本一空室率が悪い山梨県にあり、また弊社物件は築年数が経過していることもあるので、和室部屋が標準となっているものの…

和室部屋があることによって、集客にマイナスになることはなく、むしろプラスの方になっていることから、費用対効果(賃貸集客)としては、ものすごくメリットがあります。


どうして和室部屋があることによって、賃貸集客上メリットが大きくなるのか?


①畳自体がおしゃれ

弊社物件が採用している畳は、縁がない琉球畳。

畳を交互に置く事によって、市松模様を楽しむことができるだけではなく、畳自体がおしゃれとなっているので、若い世代からは比較的受け入れられています。


②退去費用が原則無料に

賃貸で畳があると、畳自体が日焼けしやすい性質があるので、表替えをする必要性が出てきて、その費用は借主負担となってしまうことから、退去費用が必然的に発生してしまう物件には、誰もが入居したいとは思えませんよね?


琉球畳は、もともと「日焼けがしにくい性質」であることから、原則として「入居期間中に、故意過失による破損や汚損」がなければ、退去費用が発生することはありません。

お客様に「しっかりと説明」することができると、和室部屋であっても敬遠されることはまずありません。


③和室部屋が逆に差別化戦略として使える

賃貸でおしゃれな琉球畳を敷いた和室部屋があると、これ自体が「おしゃれ空間」となるので、物件募集の際、他社物件と差別化することができるので、集客にプラスになる可能性が出てきます。


④琉球畳にすることで、お客様に癒し空間を与えられる

弊社物件では、和室部屋が新築当初から設定されていますが、琉球畳に変更することによって、お客様からは「おしゃれ」「癒しを感じる」など、評価して頂いている方が多いのが特徴で、逆に敬遠される方は、ほぼ皆無と言っても過言ではありません。



賃貸で和室部屋があること自体「時代遅れ」といった印象を受けてしまうものの、ただ「琉球畳がある賃貸は、和モダン空間」といった「今までの賃貸では味わうことができない、癒し空間」になること、また多くのお客様が気になってしまう「退去費用」=畳の表替え代も、原則無料となることから、もし差別化したリノベーション部屋を展開していきたいと考えているオーナー様で、和室部屋がある場合には、琉球畳に変更するだけでも、十分集客効果は期待できます。


 

有限会社 山長


取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 


閲覧数:0回0件のコメント