top of page

空室対策の本質は、長期入居に繋げること。

更新日:1月26日


不動産投資を成功させるためには、築年数関わらず空室対策を強化しなければなりません。



空室対策を怠ってしまうと入居率が低下し、収益が低下してしまう可能性が出てきます。



このような話をすると…

  • 募集中の部屋の家賃を相場並みに設定すればいい

  • 空室期間が長期化したら家賃値下げして賃貸サイト上の反響を上げる

  • 条件を緩和すればいい


と指摘する貸主/空室対策コンサルタントがいますが、結論から言いますと物件資産価値を高める対策を講じない物件は競争力が低下するため負のスパイラルに陥りやすくなります。



家賃値下げや条件変更は、収益性を低下させるだけ


日本一空室率が悪い山梨県で築年数30年目を迎える弊社物件では、2018年からリノベーション事業をを行っています。その結果2020年以降は増収増益+満室経営を実現させることに成功しましたが、弊社物件は


  • 家賃相場より家賃値上げして募集する

  • 空室期間が長期化しないため家賃値下げはしない

  • 条件を緩和は絶対にしない


と先程紹介した空室対策とは真逆となっています。




弊社物件の基本コンセプトは、収益性をしっかりと確保すると同時に顧客満足度を高める物件管理を行っています。そのため弊社物件は長期入居される借主が多い(平均入居年数は約6年~7年)ため安定した家賃収入を得ることができています。



本投稿は、空室対策の本質=長期入居が重要であることについてお伝えいたします。







 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】







1.家賃値下げは収益性をマイナスにする

家賃値下げは収益性をマイナスにする

空室対策として適正賃料を意識する貸主/コンサルタントの方は非常に多いのですが、適正賃料を意識した空室対策をし続けてしまうと…


  • 収益の低下

  • 借主属性の悪化


をもたらしてしまいます。それではそれぞれの理由についてみていきましょう。




家賃相場設定にすると収益が低下する


余程の好エリアではない限り、築年数が1年経過するたびに家賃は1%下落すると言われています。



近年の賃貸市場は物件需要に対して供給数の方が多いエリアがあるため、昔と比べると家賃相場に合わせた募集をしても客付けがうまくいかない物件が多くなってきています。



更に家賃値下げを繰り返してしまうと、客付けができても収益性は低下します。そのため損益分岐点が高くなりキャッシュフローが悪化→負のスパイラルに陥ってしまいます。


 

▶負のスパイラルに関しては、過去記事をご覧下さい。

 

安易な家賃値下げは管理上のリスクを増やす



空室期間が長期化するより家賃値下げして早期成約させた方が、空室による家賃機会損失を抑制することができると言われています。



ただし、安易な値下げをしてしまうと上述の通り収益の低下をもたらしてしまい、更には「借主の質の低下によるトラブル」が発生しやすくなります。トラブルが多い物件は仲介会社担当者にとっても客付けが難しくなってしまうため、紹介しにくくなってしまいます。


 

▶借主トラブルの詳細は、こちらをご覧下さい。

 

2.空室対策=顧客満足度を高めること

空室対策=顧客満足度を高めること

多くの空室対策コンサルタントは、空室対策=客付けさえすればいいという考え方をしています。


ただ賃貸に入居した方の約7割は入居したことを後悔しているとのデーターがあり、後悔した理由の上位3つには


  • 騒音トラブル

  • 設備がイマイチ

  • 住民や大家の質が悪い


が挙げられています。


つまりこれらの問題を可能な限り抑えた賃貸経営を行わなければ、客付けができたとしても長期入居は難しくなるため安定した家賃収入を得ることはできません。




空室対策の本質は長期入居してもらうことで弊社が考える長期入居とは、顧客満足度を高めることです。



弊社物件は築年数が経過しているものの、2018年からリノベーションを随時展開しています。

もともと弊社家賃設定はエリア内の相場より高めになっていましたが、2018年から展開しているリノベーションでさらに値上げを実施しました。


家賃相場より高い設定にしている弊社物件が現在満室になっているのは、顧客満足度を高める賃貸経営を行っているからです。




顧客が喜んでくれる部屋を提供する

顧客が喜んでくれる部屋を提供する


弊社物件では、成約ターゲットとなる20~30代女性が気に入る「カフェスタイル」に特化したリノベーション部屋を提供しています。



本格的なカフェスタイルキッチン/漆喰を施工しているため、家賃が相場以上でも「納得」した上で入居してくれます。



さらに入居後の暮らしに関して一部の借主に聞いてみた所「以前の部屋と比べて暮らしやすい」「友達に羨ましいと言われた」と喜んでくれていました。



つまり顧客が喜んでくれる部屋を提供することができれば、長期入居に繋げることができると言えます。


 

▶借主の声に関しては、過去記事をご覧下さい。

 

借主が喜ぶ賃貸管理を行う

弊社代表は雪が降ると物件の雪かきを行っています

賃貸設備は時間と共に劣化するため不具合や故障が発生しやすくなります。



経年劣化による設備不良は、契約上貸主側が対応しなければなりません。ただ対応に時間がかかれば借主は不満に感じてしまい、場合によっては退去するきっかけを作ってしまいます。



弊社物件では設備不良が発生した際には早急に対応できるように、管理会社/協力会社と連携を強化しています。そのため弊社物件においては設備交換に必要な費用が概算で10万円以下であれば、オーナー決裁を不要としてすぐに対応するように指示を出しています。



また共益費を「見える化」させる一環として、弊社代表は降雪が発生した際には物件の雪かきを行っています。



基本的に雪かきは借主対応となりますが、オーナー自ら雪かきをすることで、顧客満足度は確実に高くなり、長期入居に持って行くことが容易となります。

 

▶上記詳細に関しては、こちらをご覧下さい。

 



3.まとめ


今回は空室対策の本質=長期入居が重要であることについてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。




今後空室率はさらに悪化するため、適正賃料に設定しても物件自体のクオリティーが低ければ広告料を増額しても客付けは難しくなり、また入居後の借主アフタフォローが徹底していないと長期入居は難しくなります。



弊社リノベーション物件の家賃は相場と比べ最大1万円以上高い設定となっていますが、満室状態が継続している/長期入居者が多いことを踏まえると、空室対策の本質はやはり顧客満足度を高くすることが重要であると思われます。





今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 


閲覧数:15回0件のコメント
bottom of page