top of page

賃貸検索サイト集客の限界とは?

更新日:3月25日


部屋探しされる方は賃貸検索サイトを利用することが多いため、物件募集する際は仲介会社に同サイト掲載してもらうよう依頼します。



特に大手賃貸検索サイトと言われるSUUMO/at-home/HOME'Sは利用者が多いため、早期客付けを目指すならば上記サイトに掲載は必須です。



物件掲載する際には、反響数を挙げるため家賃や入居条件などを考慮することが重要と言われれいます。



不動産賃貸ポータルサイト集客の限界とは?

ただ近年は賃貸検索サイトに掲載しても早期成約に繋げられないケースも多くなってきています。成約に繋げられない理由は下記の2つを挙げることができます。



  • 賃貸空室率の増加

  • 仲介会社側が掲載を取りやめる



それぞれの理由についてみていきましょう。





賃貸空室率の増加


日本の人口は2008年をピークに下落傾向が続きます。ただ賃貸市場では新規物件建設が一向に止まる気配がなく、特に地方都市では明らかに物件供給数が飽和状態となっています。



人口増加/新規物件抑制など何かしらの対策を国が講じなければ、2040年には空室率が40%に達すると言われています。ただ地方都市の一部エリアではすでに空室率が30%台に達していることを踏まえると、近い未来に空室率40%になる可能性は極めて高いです。



賃貸空室率悪化は、競争力が低下している築年数が経過した物件は不利になります。



部屋探しされている方は「家賃帯」を最も重視していることがGMO賃貸DXの調べで分かっています。また同サイトは希望条件を入力できるため、1つでも条件が合わないとその時点で成約対象外となってしまいます。



空室率が悪化すれば客付けできない物件が今よりさらに増加するため、今後価格競争は一層激しくなります。




仲介会社が掲載を取りやめる?


賃貸検索サイトに物件掲載すると、仲介会社は掲載料を支払うことになります。そのため仲介会社側は早期成約させて掲載コストを最小限に抑えたいと考えています。



ただ今後賃貸空室率が悪化傾向になれば、募集期間が長くなることが予想されるため掲載料負担が大きくなってしまいます。



その結果一部の仲介会社は反響数が少ない物件の同サイト掲載を取りやめてしまう恐れがあります。


 

▶仲介会社が賃貸検索サイト掲載を取りやめる理由については、こちらの動画をご覧下さい。


 

募集しても埋まらない。今賃貸業界ではこのような物件が多くなってきています


一般的な賃貸成約期間は概ね4か月と言われています。そのため一定期間内で客付けができない場合家賃値下げして反響数UPを図る物件が多いです。



ただ家賃値下げしても…



  • 競合物件も同様の対応をとる可能性が高い

  • 物件供給数が飽和状態のため早期客付けできる保証はない

  • 客付けできても利幅が減る

  • 属性が悪い借主が入居する可能性が高く、トラブル発生率が高くなる



ため、賃貸検索サイト集客は限界に近付いていると考えられます。




安定した賃貸集客を行うためには賃貸検索サイト以外の集客を行うしか方法はありません。



同サイト以外の集客を確立することで、検索に不利になることはなくなります。その結果物件情報をより多くの人に拡散させることが期待できます。




弊社物件がある山梨県は日本一空室率が悪く、さらに物件自体が築年数が経過しているため、賃貸検索サイト集客では反響数を伸ばすことが難しくなります。



そのため2018年から資産価値を高めるリノベーションと独自集客を展開しました。物件専用のHPとSNSを開設したところ、公式サイト経由からの問い合わせが次第に多くなり、その結果現在では入居される方の約8割は同サイトからとなりました。




公式サイトを開設したことによって



  • 家賃相場の影響が受けにくくなる

  • 築年数で物件判断されなくなる

  • 早ければ募集開始後すぐに問合せが入る 



ため安定的な集客を行うことができるようになりました。



また顧客を予め指定した仲介会社に紹介→契約手続きを依頼すれば、仲介会社にとっても「契約本数」「仲介手数料」を得ることができるため、winwinとなります。


 

▶弊社集客の詳細に関しては過去記事をご覧下さい。


 


独自集客を展開したことによって、築年数/家賃相場の影響がほとんど発生しなくなったことから安定的な集客を行うことができ、その結果家賃収入が年々増加傾向となりました。昨年度は家賃収入が過去最高を更新することができました。




賃貸検索サイトは部屋探しする方にとっては便利なツールと言えますが、募集する側にとっては条件が1つでも合致しなければ成約対象から外れてしまいます。そのことから安定的な集客を目指すのであれば、賃貸サイト集客からの脱却を検討しなければなりません。







今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page