top of page

賃貸反響を2倍以上に増やすコツ


募集している賃貸物件を埋めるためには、反響を増やすことが重要です。



ただ近年は賃貸供給数が飽和状態となっていますので、反響数を伸ばすには適切な空室対策を施さなければ難しいと言わざるを得ません。




賃貸探しを言えば、大手賃貸サイトが有名ですが…

反響数を伸ばすための方法として


  • 適正賃料に合わせる

  • 賃貸件サイトに掲載している写真数を増やす(仲介会社に依頼)

  • 広告料(AD)を設定する



などが有効と言われています。





しかし近年の部屋探しの動向は



  • 賃貸検索サイトを利用し希望条件に合致した部屋(3件程度)のみ内見

  • 仲介会社訪問は2件程度



となっていることから先程紹介した反響数を伸ばす方法を行っても、昔と比べると効果を実感する

ことができなくなっているのが現状です。







「完全無料のツールを使っただけで、賃貸反響率が2倍…それ以上に伸びる方法」


もし「完全無料のツールを使っただけで、賃貸反響率が2倍…それ以上に伸びる方法」


があるとしたら、ぜひ実践したいと誰もが思いますよね。





つまり情報発信をすることが、何よりも大切なこと。



「賃貸反響率が2倍以上に伸びる方法」とはSNS集客を行うことです。



SNS集客は物件情報を拡散させるには有効的


総務省が令和3年6月に発表した「令和2年通信利用動向調査の結果」によると、2020年の国内SNS利用率は「およそ74%」で、前回調査より約5%上昇しています。


特質すべき部分としては、2020年度における「20代のSNS利用率が全体の9割強」に達しているということは、日常生活上においてもSNSを利用していることがわかります。





スマホを利用する際に使っている媒体


またLINEリサーチが発表したリリースによると、20代及び30代は調べ物をする際SNS媒体を積極的に利用しているとのことです。




つまり、賃貸集客において「SNSを利用」することによって、ダイレクトに物件情報が届く事になることから、大手賃貸サイトと比べると「拡散能力は数倍上手」になると言えます。





弊社物件は日本一空室率が悪い「山梨県」にあり、しかも築30年目の和室アリ2LDK。



家賃相場よりはるかに高い家賃設定にしていることから、賃貸サイトでは正直反響を得ることが難しくなってしまいます。そこで2018年からリノベーション+独自集客(SNS集客含む)を強化したところ…








  • 平均成約期間は遅くても2が月、早ければ退去翌日に入居申込が入る

  • カフェスタイルを意識したリノベーションとなっているため、Instagramからの反響が多い

  • 家賃相場の影響を受けにくくなり、リノベーションを機に収益改善が可能



となりました。



ただし物件クオリティーが低いとSNS媒体に物件情報を掲載しても反響数を伸ばすことは厳しくなります。部屋探しされる方は複数の物件を確認しているため、他社物件より劣ってしまうと家賃値下げしても客付けは難しいと言わざるを得ません。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 


閲覧数:14回0件のコメント
bottom of page