top of page

【リノベ事例】ここまで変わる!キッチンビフォーアフター


賃貸リノベーション成功の可否を握っているのはやはりキッチン。キッチンは毎日使うところであるため機能性はもちろんのことおしゃれでなければ、借主は納得してくれません。




弊社物件は築年数が古いファミリー物件であることから、女性客を意識したカフェスタイルに特化したリノベーションを2018年から展開。自然素材を用いたオリジナルキッチンを開発したため、内見時の物件印象が格段に上がり内見当日に入居申込される方が増えてきています。



本投稿は弊社オリジナルのカフェスタイルキッチンのビフォーアフターについて、お伝えいたします。


 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】


"弊社リノベキッチンビフォーアフター、ポイント”



1.キッチンリノベが重要な理由


キッチンリノベが重要な理由

賃貸物件を探している方は、予算さえ合えば利便性がいい築年数が浅い物件に入居したいと考えています。



しかしクックパッドの調査によると…



家賃/アクセス/リビングの広さを少し妥協しても、キッチンの充実度を優先したいと考えている方が多い



とのことです。



つまり募集条件が悪くてもキッチン充実度が期待出来れば、築古物件でも入居してくれる可能性は高くなります。キッチン交換すると50万円近い費用は掛かってしまうものの、入居促進部分で見れば費用対効果は十分期待できると言えます。



 

▶クックパッドのプレスリリースはこちらをご覧下さい。


 

2.弊社キッチンビフォーアフター


弊社物件のキッチンは築年数が古いため、壁付けタイプとなっています。入居促進を図るのであればリノベーションを機に対面キッチンにした方がベストですが…



  • 壁付けから対面キッチンに変更すると総額100万円近くなる

  • 競合他社も同様の対応をとる可能性


があります。マーケティング的に競合が多くなると時間の経過と共に差別化の価値は下落してしまうため投資効果の部分ではマイナスとなってしまいます。



弊社物件はファミリー物件+入居される方は20~30代カップル/新婚さんが多いため、女性から評価が高いカフェスタイルキッチンを導入しています。



弊社リノベーションキッチンは、部屋によって若干仕様が異なりますがベースの部分は同じです。それでは弊社オリジナルのカフェスタイルキッチンを見ていきましょう。




1)ペンダントライトを設置した本格的カフェスタイルキッチン



築年数が古い物件のキッチンは調理スペースが狭く収納容量が少ない点です。また賃貸物件に設置されているキッチンはスペースの関係上、容量が大きいキッチンを導入することが難しいため、仮にキッチン交換してもキッチン利便性は正直期待できません。



弊社物件では競合物件との差別化/リノベーション訴求力を高めるために、あえて既存キッチンを生かしたリノベーションを行っていますが…



  • リノベーションを機にキッチン扉を無垢材に変更

  • キッチン機能性を向上させるためオリジナルのカウンターを新設



することで、従前と比べデザイン性+機能性を大幅に改善させることに成功しています。






キッチンは毎日の家事の中で最も長くいる場所。



そのため既製品キッチンより温かみが感じられるカフェスタイルキッチンを導入した方が料理の時間がとても楽しくなるのはもちろんのこと、いつでも気軽におうちカフェを楽しめるメリットもあることから、訴求力が高いキッチンになります。



またキッチン利便性を高めるためキッチンカウンターを新設。今までの調理スペースと比べると約2倍の広さになりさらに新たに収納スペースも新設しているため…



  • 壁付けキッチンでも対面での料理が可能に

  • 二人暮らしされる方なら十分すぎる収納



となるため使い勝手がとてもよくなります。



さらに上級グレードの部屋限定になってしまいますが、カフェスタイルキッチンの魅力をさらに引き立たせるため、ペンダントライト&ダウンライトを設置。ライティングレールに専用フックを取付ければ、カフェのお店を再現できるため、女性の借主から高い評価を頂いております。



2)IKEAカウンターを活用したキッチン



2018年からリノベーション事業を展開していますが、内見された方から「部屋のクオリティーは問題ないが家賃予算が合わない」とのお声を多数頂きました。



そこでリノベーション個所を限定し家賃据置したフルリノベーション部屋のセカンドラインを新たに開発しました。当物件は3棟ありますが、セカンドライン仕様の部屋は1棟限定にしています。



セカンドラインの部屋にもカフェスタイルキッチンは標準対応していますが、フルリノベーション部屋との差別化を図るため…



  • ペンダントライト/ダウンライトは設置していない

  • キッチンカウンターは既製品(Ikea製)を導入



しています。予算を削るためにIKEA製カウンターを導入しているものの…



  • カウンターテーブルが広すぎるため、ダイニングテーブルとしても使える

  • 収納面も充実している

  • カフェスタイルキッチンとの相性がGOOD



事からコストパフォーマンスはとても高く。さらに内見時に「IKEA製カウンターを設置しています」と伝えると興味を示してくれる方が多いため、内見時にクロージングがしやすくなります。



 

▶弊社リノベーションキッチン詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

3.まとめ


今回は弊社オリジナルのカフェスタイルキッチンのビフォーアフターについて、お伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。




リノベーションでキッチン交換するだけで、部屋の印象はものすごく変わります。ただ多くのリノベーション物件では既製品キッチンを交換しているだけとなるため、どの部屋も同じように見えてしまいます。



弊社が開発したカフェスタイルキッチンはデザイン性+機能性が高いため内見時の物件印象が高めることができ入居に繋げやすくなります。



一定の費用は掛かってしまうものの、入居促進+価値が下がりにくくなるため、費用対効果の部分で見れば十分期待できるキッチンと言えます。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 



閲覧数:2回0件のコメント

コメント


bottom of page