top of page

【空室対策】人を呼びたくなるようなおしゃれな玄関リフォーム術

更新日:5月11日


戸建て住宅でも賃貸でも玄関は必ず通る場所。



そのため玄関エントランスはすっきりした空間にしたいものです。ただ賃貸の玄関エントランスというと…



  • 照明が暗い

  • 靴箱が小さめになっているため靴が収納できない

  • 風通しが悪いため生活臭が気になる



ことが多いため、内見時マイナスになってしまいます。



玄関エントランスはアイデア次第で快適空間に変身することができるのですが、リノベーション物件を含む多くの物件ではあまり対策を講じていません。



弊社物件は築年数が経過していることもあるので、2018年からリノベーションを行っていますが、人を呼びたくなるような玄関エントランスにしたことで、内見者及び借主からお褒めの言葉を多数頂いております。



本投稿は人を呼びたくなるようなおしゃれな玄関リフォーム術についてお伝えいたします。


 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】


"玄関をおしゃれ/利便性が高いものにするためのポイント”




1.賃貸玄関エントランスの悩みとは?


賃貸玄関エントランスの悩みとは?


賃貸の玄関収納について、LIMIAが調査した所によると約6割の方は玄関収納の大きさについて満足していないとのことです。



賃貸物件に入居している方の意見を一部抜粋すると…


  • アパートなのでとにかく狭いです。家を購入したら玄関の収納にはこだわりたいです。

  • 賃貸アパートなので仕方がないけど、靴箱に靴が入りきらず、玄関にあふれています。



ファミリー物件の場合、女性(奥様)が成約のカギを握っているため、満足できる靴箱収納が設置されていないと、他の物件に流れてしまう可能性は高くなります。そのためリフォームする際玄関収納も含むエントランス周辺の利便性を高めることが求められます。



 
 

2.おしゃれな玄関リフォーム術


おしゃれな玄関リフォーム術

玄関エントランスはLDKや洋室と比べると平米数が狭く、エントランス全てリフォームしても費用的にはそれほど掛からないため、比較的リフォームしやすいエリアと言えます。



弊社物件ではリノベーションを機に玄関エントランスを改善させています。本日は特別に弊社玄関リフォーム術をお伝えいたします。




1)照明


賃貸物件の玄関照明は備付となっているものの、照明器具が1つしかないためお世辞にも明るいとは言えません。また外出/帰宅時はスイッチを押さなくてはならないため、利便性はよくありません。



弊社リノベーション部屋では、リノベーションを機に…




IKEA製の照明器具を設置しています。設置する際電気工事が必要となりますが、LED照明を使用することで従前と比べ2倍以上の明るさになりました。



また利便性向上のため、リノベーションを機に人感センサーに切替えたため、自動的に点灯・消灯させることができます。



 

▶弊社が採用した玄関照明はこちら


 

2)靴箱



玄関エントランスをスッキリさせるためには、大容量の靴箱が必要となります。リノベーション物件の中には、靴箱を従来のものをそのまま活用している所がありますが、容量が少ない靴箱では使い勝手が悪くなるため入居促進に繋げにくくなります。


弊社物件ではリノベーションを機に既製品ではありますが靴箱を一新させています。新しい靴箱を導入することで…


  • 鏡が標準対応となったため外出する際とても便利

  • 靴箱内に通気口があるため、カビ対策になる

  • 約26足収納でき、女性用ブーツも収納できる



ため特に女性の内見者/借主からはとても喜ばれています



 

▶弊社が採用した靴箱はこちら


 


3)床材



築年数が古い物件の床は「濃茶系の合板フローリング」が施工されています。玄関は自然光が入りにくいため床の色を変えなければ照明器具を変えても明るくはなりません。



そこで弊社物件ではリノベーションを機に白系のクッションフロアを施工しています。明るめの床材を使うことでエントランスの雰囲気が180度変わります。



 

▶弊社が採用したクッションフロアはこちら


 

4)応用編


壁棚をつけることでよりおしゃれな玄関に

飾り棚を設置


賃貸物件の玄関は画一的になっています。そのため借主が玄関エントランスに観葉植物や季節感が雑貨などを置きたいと思っても、置く場所がどこにもありません。



そこで弊社物件ではリノベーションを機に飾り棚を設置しています。



弊社リノベーション部屋は白を基調としているため、飾り棚に観葉植物やおしゃれな雑貨などを置くと映える玄関に変身します。



 

▶弊社が採用している飾り棚はこちら


 


生活臭対策に漆喰を施工


Panasonicが調べたところによると、約7割の人は玄関のニオイを気にしているとのことです。玄関は通気性が悪いためニオイがこもりやすくなるため、来客された方に不快な思いをさせてしまう可能性があります。



そこで弊社リノベーション部屋では一部の部屋のみ玄関エントランスに、自然素材の漆喰を施工しています。漆喰を施工することで調湿性や消臭性が期待できるため、ニオイで困るようなことにはならないはずです。



 

▶Panasonicが調査したデーター詳細は、こちらをご覧下さい。




▶弊社が採用している漆喰については、有償コンサルティングをお申込みされた方のみお教えいたします。


 

3.まとめ


今回は人を呼びたくなるようなおしゃれな玄関リフォーム術についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。




玄関エントランスが明るい雰囲気になれば、帰宅時はもちろんのこと来客された方からも喜ばれます。



玄関エントランスは意外と手を付けていない物件が多いため、リフォーム/リノベーション時に対応することで部屋に興味を持っていただける可能性は高くなり入居促進に繋げやすくなります。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 



閲覧数:12回0件のコメント

Comentários


bottom of page