top of page

Instagramを使った賃貸集客のコツ


賃貸物件を最も利用している10代後半から40代は調べ物をする際、Google検索の他にSNS媒体を使って情報収集を行っています。



SNS媒体の中でもInstagramは訴求&拡散効果が期待でき、所謂「映える部屋」を投稿することで反響数を一気に高めることができるため、入居促進効果が期待できます。



ただSNSは一旦投稿すると消去すできないため、場合によってはおとり広告に悪用される懸念もあります。



そこで本投稿はInstagramを使った集客のコツ、また投稿の際に気をつけるべき点をお伝えいたします。



 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】




1.Instagram集客のメリット


Instagram集客のメリット

Instagramを活用した物件集客すると以下のメリットが期待できます。



  • 視覚的に物件PRできる

  • 検索に引っかからない

  • SNSの中で購入意欲が高い



それではそれぞれのメリットを見ていきましょう。



1)視覚的に物件PRできる


X(旧Twitter)/Facebookは文章投稿がメインとなりますが、Instagramは写真/動画など視覚情報がメインとなります。そのため視覚的に訴えたい商品を投稿することでユーザーの反響を得られやすくなるメリットがあります。



飲食店やアパレル会社がInstagramに集客に力を入れているのは上記が理由ですが、賃貸物件においても物件第一印象が成約のカギを握る点では視覚的な物件写真をInstagramに投稿することで反響数アップが期待できます。



2)検索に引っかからない


一般的に部屋探しされる方は賃貸検索サイトを利用している可能性が高いため、物件募集する際同サイト掲載してもらうよう仲介会社に依頼します。



ただ同サイト内には検索画面があるため、希望条件に1つでも該当しない物件はその時点で成約対象外となり反響数UPさせることが難しくなります。




2024年5月7日現在、賃貸に関するInstagram投稿数を確認すると…



  • #物件探し:約30万件

  • #賃貸物件:約20万件



あります。Instagramを含むSNSで物件投稿すると「築年数」「家賃」等検索で不利になることはなく、ハッシュタグを使って投稿することで物件周知させることが簡単にできます。



3)SNSの中で購入意欲が高い


Instagramは他のSNSと比べ購入意欲が高い顧客が集まっていると言われています。



賃貸物件を探している方は1~2か月以内に入居検討しているため、魅力的な室内写真をInstagram投稿することで早期成約させることが期待できます。



2.Instagramを使った賃貸集客のコツ


Instagramを使った賃貸集客のコツ


Instagramを使った賃貸集客をする際、以下のポイントを踏まえると効果的です。



  • 映える部屋を投稿する

  • ハッシュタグをつける

  • 暮らしのイメージを連想させる投稿



それではそれぞれのポイントを見ていきましょう。



1)映える部屋を投稿


繰り返しになりますがInstagramは視覚情報がメインとなります。そのため部屋の魅力が伝わるおしゃれな写真を投稿しなければ訴求効果は期待できません。


ちょっとした工夫で映える部屋になる

例えばリフォーム後の部屋にちょっとした雑貨を用意するだけでも、暮らしのイメージが連想され映える部屋に生まれ変わります。



2)ハッシュタグをつける


Instagramを利用する方はハッシュタグ(#のこと)をつけて検索されます。そのため投稿する際は検索される方が使いそうなワードを入れることで顧客にアプローチすることができます。



Instagram集客になれていない方は、投稿の際どのようなワードを入れればいいかわからないと思います。そのような時は他の不動産会社のInstagram投稿を参考にすると、答えが浮かんでくるはずです。



3)暮らしのイメージを連想させる投稿


Instagram投稿の際、文字を入れることができます。2,200字入力することができますが入力の際「暮らしのイメージが連想させる」ことを意識すると、投稿写真の魅力が高められ反響数UPが期待できます。



4)おとり広告対策


InstagramをはじめとするSNSは若い世代が日常生活で利用しているため、投稿することで訴求効果を高めることが期待できますが、その一方で一度投稿してしまうと消去できないため、モラルが守れない仲介会社が「おとり広告」として利用することがあります。



対策としては募集窓口が一社となる専任媒介にすることで他社から問い合わせがあっても適切に対応することができるため、SNS集客する際は専任媒介契約にした方が無難です。



3.弊社事例


弊社物件は築年数が古いため2018年から空き室を随時カフェスタイルに特化したリノベーションを展開し、Instagramをはじめとする独自集客を展開しています。



弊社物件Instagram投稿

自然素材を用いたカフェスタイルリノベーションにしたことで、競合リノベーション物件と比べ室内インテリアが格段に向上し、家具などを置く事で従前と比べ訴求力を高めることができました。



その結果InstagramをはじめとするSNS/ホームページからの反響数が格段に向上し、今では入居される方の約8割は弊社公式サイトからとなっています。



 

▶弊社リノベーション物件の詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

4.まとめ


本投稿はInstagramを使った集客のコツ、また投稿の際に気をつけるべき点をお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





Instagramは視覚効果が期待でき特に20~30代女性は、日常生活においてInstagramを活用していることから、例えばリノベーション部屋を募集する際Instagramを活用すれば反響数を高めることは十分期待できます。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 

閲覧数:1回0件のコメント

Comentarios


bottom of page