top of page

賃貸集客をラクにしたいなら差別化リノベーションがおススメ


賃貸物件を募集しているのに、集客がうまくいかず「家賃値下げ」「広告料アップ」を検討しなければならないと悩んでいる貸主は多いのではないでしょうか?



弊社物件は今年で築年数が30年目を迎える2LDK賃貸アパート。さらに物件がある山梨県は日本一空室率が悪い県で、弊社物件エリア内には築年数が古い物件が乱立しています。




弊社物件では2018年から差別化リノベーションを展開していますが


  • 競合他社が追随できないクオリティーが高いリノベーション部屋を提供

  • 顧客目線に立った部屋作りを意識


しているため成約期間の短縮に成功しています。ちなみに弊社リノベーション部屋の家賃は家賃相場より高く、広告料は一切設定していません。



本投稿は差別化リノベーションが賃貸集客で楽になる理由についてお伝えいたします。





 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】




1.弊社差別化リノベーションについて



1)差別化戦略


冒頭でもお伝えした通り弊社物件エリア内は、競合物件が乱立しさらに築年数が古い物件が多いため過当競争となっています。



競争に勝ち抜くためには、徹底した差別化戦略を打ち出すしか方法はありません。そこで弊社が考えた差別化戦略とは…


  • ブランドイメージ:賃貸でもおうちカフェがいつでも気軽に楽しめる

  • 商品:無垢材を用いたカフェスタイルキッチンを標準。一部部屋には漆喰を施工。

  • サービス:貸主自ら物件清掃を行い、借主の声を可能な限り具現化する

  • 流通チャンネル:物件公式サイトを開設し物件魅力をPRする


上記を意識したリノベーションを行ったため、物件資産価値を最大化させることに成功しています。


 

▶弊社差別化戦略の詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

2)リノベーション紹介


一般的に築年数が古い物件をリノベーションする際、家事導線を改善させるため間取り変更することが多いです。



ただ大幅な間取り変更を行うと費用が高額になり、家賃値上げしてリノベーション費用を回収しようと思っても、新築物件並みになると「オトク度」が半減し逆効果となります。



そこで弊社物件では可能な限り既存設備を有効活用したリノベーションを行うことでコストを抑えることに成功。またおうちカフェ生活を楽しんでもらうよう…


  • オリジナルのカフェスタイルキッチンは全室標準

  • 一部の部屋の内装に自然素材の漆喰を採用

  • 上級グレードの部屋のみLDKにペンダントライト&ダウンライトを標準


としています。賃貸物件で本格的なカフェスタイルキッチンは早々にないため、顧客満足度を最大化させることに成功しています。



 

▶弊社リノベーション部屋の詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

2.差別化リノベーションが集客上有利になる理由


差別化リノベーションが集客上有利になる理由


冒頭でお伝えした通り弊社リノベーション部屋の家賃は家賃相場より高めの設定となっています。また募集時仲介会社に広告料の設定は一切行っていませんが、どうして早期客付けに成功しているのか?



その理由は以下の3つを挙げることができます。


  • ロイヤルカスタマー

  • 物件認知度UP

  • 仲介会社からの消火


それではそれぞれの理由を見ていきましょう。



1)ロイヤルカスタマー


ロイヤルカスタマー

ロイヤルカスタマーとは「企業やブランドに信頼を寄せてくれる顧客」のことです。



弊社物件は徹底した差別化戦略を打ち出すことで、従前と比べ室内機能性改善+デザイン性UPに成功し、借主/借主の友人などから高い評価を頂いております。



また弊社代表は顧客満足度を最大化させなければ、リノベーションの価値を高めることができないと考え、物件管理も徹底的に行っています。



その結果借主がロイヤルカスタマーとなり、借主が知人などに「物件自慢や紹介」をしてくれるようになり、契約更新時においても家賃値下げ要求は一切発生しないため、安定した家賃収入を得ることに成功しています。


 

▶借主がロイヤルカスタマーになった理由については、過去記事をご覧下さい。


 

2)物件認知度UP


今年8月に弊社リノベーション部屋入居された借主にインタビューした際


前の物件を退去する前に隣の方に挨拶に行った際、弊社リノベーション部屋の存在を知っていて、自分の子供を入居させたかった


と教えてくれました。徹底した差別化リノベーションを展開したことで、物件認知度が弊社代表が考えている以上に高くなっていることがわかり、ビックリしました。



物件認知度が高まれば、再募集を開始した際早急に内見に繋げることが期待できるため、安定した賃貸経営を行うことができます。



 

▶借主インタビューの詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

3)仲介会社からの紹介


仲介会社からの紹介

女性からの支持が高いカフェスタイルに特化したリノベーション賃貸は、客付けをする仲介会社にとっても紹介しやすい物件となります。



事実近年では他社仲介会社からの紹介が多くなり、昨年度は3月~5月にかけて3件退去が発生したもののわずか2か月足らずで3件成約が決まりいずれも他社仲介会社からの紹介でした。


3.まとめ


今回は差別化リノベーションが賃貸集客で楽になる理由についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。




近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態となっているため、空室率が年々悪化しています。さらにいままでは好調だった築浅物件でさえも、空室対策をしっかりと行わないと空室が長引いてしまいます。



賃貸集客をラクにするためには、借主が住みたいと思うような部屋+徹底した差別化が重要になってきます。



今回紹介した内容は、競合物件がまだ気づいていない要素が多数あるので、少しでもいいので実践して頂ければ効果は期待できるはずです。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page