top of page

賃貸リノベーションで生まれ変わる!間取り変更ビフォーアフター


ライフスタイルは日々変化しています。そのため築年数が経過した物件で間取りが古いと「住みにくい」印象が前面に出てしまうため、募集を行っても反響数を伸ばすことが難しくなってしまいます。



しかしリノベーションを機に間取り変更することで、従前と比べ利便性/機能性が大幅に向上するため早期客付けが期待できます。



本投稿は間取り変更のビフォーアフターとして弊社事例を紹介し、また間取り変更した場合としない物件との成約期間の差異についてお伝えいたします。



 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】




1.間取り変更が客付けに効果がある理由


間取り変更が客付けに効果がある理由


需要の変化


一昔前の賃貸物件は「部屋数が多い」ほうが人気が高かったため、部屋数を確保するため間取りをDKにする物件が多かったです。



ただライフスタイルの変化により「リビングで寛ぎたい」と考える方が多くなったことで、DK物件の需要が低下。その代わりLDK物件の需要が高くなったため、近年ではDKからLDKに間取り変更する物件が多くなっています。




検索で不利になる


これから二人暮らしをされるカップル/新婚さんに人気な間取りは2LDKです。そのため間取りがDKのままでは検索に引っかかりにくくなるため空室期間が長期化してしまいます。



2.賃貸リノベーションで生まれ変わる!間取り変更ビフォーアフター


賃貸リノベーションで生まれ変わる!間取り変更ビフォーアフター


今回は「DKからLDKに間取り変更」した際のポイント/効果などをお伝えいたします。



1)間取り変更のポイント


間取り変更のポイント

DKからLDKに間取り変更する際、以下の工事を行います。



  • 間仕切り壁を撤去する

  • 床材及び壁紙張替え



キッチンとダイニングの境にあった壁を撤去し、その後床材と壁紙を張り替えます。なお間取り変更を機にキッチンを移動(例えば壁付けから対面キッチン)させることはできますが、配管工事などが別途発生するため工事費用は高額になってしまいます。





2)ビフォーアフター


弊社物件は築年数が経過しているため2018年からリノベーションを行っています。弊社物件の一部部屋は3DKのため、退去が発生するたびLDKに間取り変更を行っていました。



昨年最後の3DKの部屋が退去となったため、LDKに間取り変更を伴うリノベーションを実施しました。




リノベーション前のDK
リノベーション前のDK

こちらの部屋は最上階・角部屋にありますが、ダイニングとキッチンが分かれているため二面採光になっていても自然光が室内に入りにくく、日中の時間でもあまり採光が期待できません。



リノベーション後のLDK
リノベーション後のLDK


リノベーションを機に間仕切り壁を撤去+内装をすべて一新したリノベーションを行ったため、従前と比べ室内がとても明るくなり、またカフェスタイルキッチンを導入したことで、利便性を最大級高めることに成功しています。


3)間取り変更効果


先程紹介した部屋は昨年5月末に退去となったものの、退去後すぐに内見が入りその日の内に入居申込が入りました。



一方弊社物件エリア内にある競合物件(3DK/1987年築)では昨年オーナーチェンジ後リフォームを行いました。ただ間取り変更せずにリフォーム→募集を行ったため客付けで苦戦し、最終的には募集開始後6か月でようやっと成約となりました。



3.まとめ


今回は間取り変更のビフォーアフターとして弊社事例を紹介し、また間取り変更した場合としない物件との成約期間の差異についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





間取りがDKの部屋は需要が少ないため、家賃は安めに設定されていますが、近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態のため、DKのままで募集しても早期客付けは非常に厳しいと言わざるを得ません。



DKにある間仕切り壁撤去費用は約10万円です。一見すると費用が高いと思われがちですが、LDKで募集した方が賃貸需要が多いため、結果的にはLDKに間取り変更した方が費用対効果は高いと言えます。



今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 


閲覧数:1回0件のコメント

Comentários


bottom of page