top of page

【リノベアイデア】賃貸おしゃれな部屋を作る理由とは?


アパート経営を成功させるには空室期間を可能な限り短縮させ、空室による家賃機会損失を減らすことです。



早期客付けを目指すのであれば、募集部屋の室内インテリアを高めるのが一番効果的です。ただリノベーション時にどのようなインテリアデザインを目指せばいいのか、多くの貸主は自問自答しています。



賃貸市場は今後大空室時代を迎えます。そのため室内デザインに優れていない物件は競争に負けてしまい淘汰される可能性が高くなります。



本投稿はリノベーション時におしゃれな部屋を作らなければならない理由について、お伝えいたします。






 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】



1.リノベーションでデザイン性が求められる理由


リノベーションでデザイン性が求められる理由

早期客付けに成功している物件としていない物件には共通点があります。それは室内デザイン性が優れているかどうかです。



築年数が20年以上経過している物件の中には、リノベーションされることが多いですが、リノベーション物件は基本的に室内デザインを強化しています。その理由として以下の2つを挙げることができます。



  • 内見時の第一印象をよくする

  • 内見者が希望する部屋のイメージに合わすことで入居促進を図る



それではそれぞれの理由を見ていきましょう。


1)第一印象


賃貸成約率を高めるには物件第一印象がとても重要です。第一印象でとても有名な「メラビアンの法則」によると「第一印象の半分以上が視覚的情報で決まる」ため内見者が



  • 古臭い

  • 生活イメージに合わない



と感じてしまうと第一印象が悪くなってしまうため、成約率は悪くなってしまいます。



一般的に築年数が古い物件は敬遠されますが、デザイン性を強化したリノベーション部屋は「古臭さ」は一切感じられないため、内見時の印象を高めることが期待できます。


 

▶物件第一印象に関しては、過去記事をご覧下さい。


 

2)イメージに合うか


部屋探しされる方は内見時「自分が住みたい部屋のイメージと合っているか」「家具や家電との相性がいいか」を確認しています。



つまりリノベーション部屋が内見者の希望にあっていれば、成約率は高くなりますが、人によって好みのインテリアは異なります。そのためリノベーション時にどのような部屋を作ればいいのかわからなくなってしまうものです。



次章で反響数が期待できるおしゃれなリノベーションデザインについて解説します。


2.リノベーションでおしゃれな部屋を作るコツ


リノベーションでおしゃれな部屋を作るコツ

リノベーションでおしゃれなインテリアを作る際、以下に掲げる3つのポイントを意識すれば、意外と簡単におしゃれな部屋を作ることができます。



  • 統一感

  • 白を基調とした空間

  • アクセント



それではそれぞれのポイントを見ていきましょう。


1)統一感


統一感

リノベーションでデザイン性を高める場合、統一感を意識しないと「曖昧な部屋」となり入居促進効果を最大化させることができません。



統一感を意識した部屋を作るときに重要となるのが、部屋のコンセプトです。ここで参考になるのが、部屋探しされる方がどのようなインテリアを望んでいるか?



mitainaが調査したところによると、男女から支持されている理想のインテリアテイストトップ3は


  • 北欧

  • シンプルナチュラル

  • モダン


の順となっています。つまりリノベーションを検討する際、これらのインテリアテイストを取り入れると統一感が出るため内見時の第一印象は格段に良くなります。



2)白を基調とした空間


上述した3つのインテリアテイストをベースとしたリノベーションを作る際、白を基調とした空間にすることが非常に重要です。



白色を基調とした空間づくりのメリットとしては


  • 流行に左右されない

  • 清潔感が出る

  • 部屋を広く見せる


効果が期待できます。また白を基調とすると家具との相性が良くなり誰でも簡単におしゃれな部屋を作ることが可能になります。そのため入居促進効果が期待できます。


3)アクセント


賃貸物件は原則として借主が照明器具を用意することが多いです。室内の明るさを確保するためシーリングライトを取付ける方が多いですが、生活感がどうしても出てしまいがちになります。



リノベーション予算があれば、アクセントとして間接照明(ペンダントライト、ダウンライト)を標準とするとリノベーション部屋の魅力をさらに高めることができます。



また間接照明が標準となっている物件は逆に少ないため、競合物件との差別化を図ることが期待できます。

3.リノベーション部屋の価値をさらに高める方法


リノベーション部屋の価値をさらに高める

リノベーションの価値を最大化させるためには、リノベーション後にホームステージングをすることです。




デザイン性を強化したリノベーション部屋に、インテリアに調和する家具や雑貨を配置すると入居後のイメージが連想しやすくなり、入居促進効果が期待できます。



またステージングをSNS媒体で投稿すると「映え効果」が期待できます。弊社物件では2018年からカフェスタイルに特化したリノベーションを展開しステージングを行っています。



SNSで物件周知していますが、特に女性方の反響が高くなり従前と比べ募集時期関わらず問合せが多くなり早期客付けに成功しています。



 

▶弊社リノベーション部屋の詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

4.まとめ



今回はリノベーション時におしゃれな部屋を作らなければならない理由について、お伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。



1LDK以上のファミリー物件は、20~30代のカップル/新婚さんが多く入居され女性が成約のカギを握っていると言われています。



花王の調査によると「20~30代女性は統一感があるインテリアを重視」していることがわかっています。そのため早期客付けを目指すのであれば競合リノベーション物件よりデザイン性が高い部屋を作ることが非常に重要となります。



今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 



閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page