top of page

リノベーション物件が今注目されている理由とは?


近年リノベーション物件に入居される方が多くなってきています。



今までは部屋探し=築年数が重視されていたため、競争力が低下した築年数が古い物件は家賃値下げをしなければ客付けさせることができませんでした。



しかし最近では部屋探しの多様化が進み築年数が古くてもリノベーションすれば、客付けの影響はほとんど受けず更にクオリティーが高ければ家賃値上げしても入居される方は多くなっています。



つまりリノベーションは競争力が低下した築年数が古い物件の収益性を向上させる「起爆剤」になると言っても過言ではありません。



本投稿はリノベーション物件が今注目されている理由についてお伝えいたします。



 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】




1.リノベーション物件が今注目されている理由


リノベーション物件が今注目されている理由

リノベーションはSDGsにも直結しているため社会的認知度が高くなっています。リノベーション物件が今注目されている理由は以下4点を挙げることができます。



  • 貯蓄できる

  • デザイン性がいい

  • 早期客付けが期待できる

  • 収益改善が期待できる



それではそれぞれの理由を見ていきましょう。



1)注目ポイント:貯蓄ができる


貯蓄ができる

リノベーション物件の最大の魅力は築年数は経過しているものの、室内は新築物件並み+家賃がリーズナブルになっている点です。



リノベーション物件は主に女性が興味を示しているため、ファミリー物件で施工されるケースが多いです。



ファミリー物件は基本的に20~30代カップル/新婚/子供が2人までの家族が入居されますが、入居される方は将来的に「戸建て住宅購入」を検討されているため「貯蓄」を意識されている可能性が高いです。






リノベーション物件の家賃は新築物件と比べ10~20%安くなっています。そのため新築/築浅物件からリノベーション物件に入居されることで簡単に貯蓄が可能となります。



昨今は物価上昇の影響から今までと比べると新築家賃も高めに設定されています。家賃は毎月の家計支出の中で最も大きい部分であることから、貯蓄を意識されている方にとってリノベーション物件は非常に魅力的と言えます。



2)注目ポイント:デザイン性がいい


デザイン性がいい

賃貸物件は万人受けを狙って施工されているため、室内インテリアは画一的になりがちです。これは新築物件も同様です。



リノベーション物件の最大の弱点は「築年数が古い」点です。これをカバーするには室内インテリアを強化しなければなりません。



そのためリノベーション物件は新築物件よりデザイン性が優れているケースが多くなっていますが、部屋探しされる方は「入居後の生活イメージ」を連想させながら内見しているため、リノベーション物件はイメージ通りの部屋=入居促進効果が期待できます。





3)注目ポイント:早期客付けが期待できる


注目ポイント:早期客付けが期待できる

リノベーション物件は原則室内設備/内装一新+場合によっては間取り変更も行うため、ライフスタイルに合った居住空間を提供することができます。



また先程もお伝えした通り、従前と比べ室内インテリアが向上し更に家賃もリーズナブルになっているため募集開始と同時に反響数を高めることができ早期客付けがしやすくなります。





4)注目ポイント:収益改善が期待できる


注目ポイント:収益改善が期待できる

リノベーションすると同築年の物件と比べ「資産価値が向上」するため、従前と比べ家賃値上げがしやすくなります。



理論上貸主も、正当事由があれば契約更新時借主に家賃値上げ要求することができますが、借主が拒否すれば値上げはできません。そのためリノベーションは貸主が唯一できる家賃値上げ方法と言っても過言ではありません。



弊社物件も築年数が経過しているため2018年からリノベーションを行っていますが、リノベーションを機に家賃8~10%値上げすることに成功。



リノベーション後家賃収入UP

その結果リノベーション前と昨年の年間家賃収入を比べると約430万円収入UPさせることに成功しています。



 

▶弊社リノベーション物件詳細は、過去記事をご覧下さい。


 


2.まとめ


今回はリノベーション物件が今注目されている理由についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





リノベーションは借主/貸主双方にメリットがあり物件管理を強化することで、長期入居/更新時の家賃値下げ要求を回避させることができるため、安定した家賃収入を得ることが期待できます。



またリノベーションで収益を上げることができれば銀行評価も高くなるため、借入金利の見直し提案も通りやすくなります。





今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page