top of page

【無料相談】空室対策実績があるプロがアドバイス

賃貸経営にとって一番難しいのが客付けです。



近年では賃貸空室率が全国的に悪化しています。特に地方都市のエリア空室率は20%~30%と高い推移となっています。



野村総研の予測では2040年前後には空室率40%前後になるとのことですが、すでに30%台に達しているエリアが多いことを踏まえると、40%台到達は時間の問題と言えそうです。




空室を確実に埋めるためには…



  • 競合物件との徹底的な差別化を図る

  • 物件ブランディングを高める

  • 独自集客を行い、物件魅力をPRする



ことがカギとなります。





弊社物件は「1993年築2LDK」「物件がある山梨県は日本一空室率が悪い」エリアにありますが…


入居率/家賃収入

徹底した差積化リノベーション
カフェスタイルに特化したリノベーション

徹底した差積化リノベーションを展開したことにより従前と比べ…



  • 入居率大幅アップ:2017年と2023年比較すると約21%改善

  • 家賃アップが期待できる:従前と比べ8~10%値上げに成功

  • 家賃収入が増える:従前と比べ約430万円UP



させることに成功しています。弊社空室対策は不動産メディアに多数紹介されるほど近年注目されています。


 

▶弊社メディア実績はこちらをご覧下さい。





 








弊社空室対策が安心の満室経営ができる理由



1.成約ターゲットに特化したリノベーションを展開


成約ターゲットに特化したリノベーションを展開

空室対策で失敗する原因のひとつにターゲット戦略が間違っている可能性が高いです。部屋探しされる方は入居後の生活イメージを連想させながら内見しています。そのため募集部屋とイメージが一致しない部屋は早期成約は難しくなります。



弊社空室対策は成約ターゲットをペルソナ設定した上で、成約ターゲットが確実に気に入るインテリアテイストに特化したリノベーションを提案いたします。



そのため反響数UPが期待でき内見予約が入りやすくなります。


2.機能性+デザイン性に特化したキッチン導入


機能性+デザイン性に特化したキッチン導入


クックパッドが発表したリリースによると、部屋探しされる方は多少妥協してもキッチン充実度を優先したいと考えている方が多いとのことです。



ただ多くの物件/リノベーション物件はシステムキッチンを採用しているため、機能性/デザイン性は正直及第点に達していない場合が多く、特にファミリー物件では女性が部屋探しの主導権を握っているため、訴求効果が期待できません。



内見時の第一印象を高めるためには、成約ターゲットの心に響くキッチンにするのが効果的。そこで弊社空室対策は、競合他社が追随できず顧客が気に入るカフェスタイルに特化したキッチンを提案します。



無垢材を用いたオリジナルキッチンは温かみが感じられ、また機能性(収納/調理スペース)を改善するためにキッチンカウンターを新設していることから、内見者はもちろん借主からも高い評価を頂いています。



カフェスタイルキッチンの評価がよくわかります。
内見者アンケート

キッチンリノベーションで長期入居に繋げられます
長期入居は空室対策上必須です


弊社物件では内見時アンケート調査を行っていますが、キッチンリノベーションが最も評価が高くまた退去件数が少ないことを踏まえると、キッチン差別化は空室対策上有効的と言えます。



 

▶弊社キッチンリノベーションの詳細は過去記事をご覧下さい。


 

3.資産価値が下がりにくい


資産価値が下がりにくい


築古物件をリノベーションする最大の理由は、資産価値が向上するためリノベーションを機に家賃値上げができる点です。



ただ「既製品」ばかりを導入してしまうと年数の経過と共に物件価値は右肩下がりとなります。物件価値が下がれば「空室長期化」「家賃値下げ」リスクが伴うためリノベーション効果を最大化させることが難しくなります。



そこで弊社空室対策は、資産価値低下のため可能な限り自然素材を用いたリノベーションを提案します。既製品と比べコストは高くなってしまうものの…



  • 無垢材は経年変化を楽しめるため、価値が下がりにくい

  • 漆喰は日焼けがしにくい/補修ができるため、ランニングコスト削減が期待できる

  • 温もり/温かみがいつまでも感じられるため、長期入居に繋げやすい



メリットがあります。


4.集客の見直し


集客の見直し

物件募集する際、主要賃貸検索サイトに物件掲載してもらうよう仲介会社に依頼することになります。



ただ同サイトは希望条件を入力することができるため、条件に合わない物件はその時点で成約対象外となってしまいます。そのため競争力が低下した築年数が古い物件は、同サイト集客は非常に不利になります。



そこで弊社空室対策は、SNS媒体を活用し貸主自ら物件情報をPRするよう提案いたします。



賃貸物件を利用している10代~40代は「リアルな情報を得たい」「時短検索」を求めSNS検索しています。そのため同媒体を用いた集客を行うことで多くの方に物件を認知させることができます。



SNS集客の最大のメリットは、築年数/家賃帯が不利でも物件情報を拡散させることができる点です。



弊社物件も2018年から物件独自サイトを開設していますが、独自集客を展開することで従前と比べ反響数UP→早期客付けさせることに成功しています。



 

▶SNS集客の重要性は過去記事をご覧下さい。


 

5.仲介会社から紹介されやすくなる


仲介会社から紹介されやすくなる

不動産仲介会社は物件成約させることによって仲介手数料を貰える権利が発生します。仲介手数料は最大でも家賃1,1か月分までのため、売り上げを伸ばすためには「成約件数を伸ばす」しか方法はありません。



そのため反響数/成約に繋げやすい物件は他社仲介会社を含め積極的に紹介/案内されます。



弊社リノベーション部屋は家賃相場より高めの設定となっていますが、クオリティーが高いリノベーション部屋を提供しているため、他社仲介会社から紹介されるケースが近年増加傾向となっています。



昨年(2023年)3月~5月にかけて3件退去が発生しましたが、わずか2か月足らずで3件成約となり3件とも他社仲介会社からの紹介でした。



  


賃貸経営にお悩みの方は空室実績がある弊社までお気軽にご相談ください



空室対策しても客付けがうまくいかない場合、空室対策に問題がある可能性が極めて高いです。空室が長期化してしまうと家賃収入減少はもちろんですが、仲介会社からの紹介も得られにくくなります。



空室対策でお悩みの方は空室実績がある弊社までお気軽にご相談ください。








 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 

閲覧数:3回0件のコメント

Comentarios


bottom of page