top of page

【空室対策事例】不人気3DKから2LDKリノベーション前に成約

更新日:1月26日


昔の賃貸物件は部屋の広さより部屋数の方を重視していました。


そのため「2DK」「3DK」の間取りは比較的多かったのですが、最近はリビング空間を重視する方が多くなっているため、DKの間取りでは客付けに不利となり空室期間が長期化してしまう懸念があります。



弊社物件は1993年に建築された物件ですが、3棟中1棟8戸の間取りは3DKでした。そこで2000年代に入ってから退去の度に3DK→2LDKにリフォーム工事を行ってきました。



今年5月末に唯一残っていた3DKの部屋が退去となったため、2LDKに間取り変更した上で弊社リノベーションブランド「elegantroom Secondline」仕様にした上で募集しようとしていたところ、退去後すぐに内見予約が入り、リノベーションする前に成約となりました。



本投稿は不人気3DK→2LDKリノベーション前に成約となった部屋のリノベーション事例について、お伝えいたします。







 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】


"不人気3DK→2LDKリノベーションでわかったこと”




1.物件概要


物件概要

  • 所在地 山梨県甲府市

  • 最寄駅 JR甲府駅(駅から約6キロ)

  • 平米数 58,76㎡

  • 構 造 軽量鉄骨

  • 築年月 1993年9月

  • 施工時の築年数 築30年

  • 従前家賃 6,2万円(エリア内家賃相場 5,5万円)

  • 成約賃料 6,2万円


2.成約までの流れ


成約までの流れ

今回成約になった部屋は、今年5月末まで他の方が入居されていました。退去理由は契約満了によるものです。


退去後すぐに内見予約が2件入り、今回入居される方は弊社物件HPから問合せされた方です。


内見予約時に「退去後なのでリフォームはまだしていない」「他室リフォーム写真を見ながらの説明」になることを伝えた上で内見を行いました。



わずか1時間程度の内見でしたが満足して頂き当日入居申込を頂きました。



3.不人気3DK→2LDKリノベーション事例



弊社物件がある甲府市大里町は、甲府市内でも有数のベッドタウンとなっています。そのため物件周辺は住宅地となっているため、賃貸物件も基本的に1LDK以上の物件が多いのが特徴です。


ファミリー物件を早期成約させるためには、水回り部分の強化が必須。弊社物件では競合他社が展開できない「カフェスタイル」に特化したリノベーションをすることで成約期間の短縮に成功しています。



それでは不人気3DK→2LDKリノベーション事例を紹介したいと思います。

(入居申込にかかった日数は3日です。)




キッチン


キッチン ビフォーアフター

リノベーション前のキッチンは、築古物件でよくあるようなシステムキッチン。古いキッチンの特徴は作業スペースが狭すぎる点と、キッチンパネルの劣化により古臭いキッチンとなってしまうことです。



そこで弊社物件では女性が喜ぶカフェスタイルキッチンにリノベーションしています。今回の部屋に関しては、キッチン状態が良くなかったため、新しいキッチンを導入しています。



キッチン導入に際し扉を無垢材扉にすることによって、生活感を感じさせないおしゃれなキッチンになっています。



 

▶弊社キッチンリノベーションについては、過去記事をご覧下さい。


 


LDK


3DK→2LDKリノベーション

リノベーション前はダイニングとキッチンが別々となっていましたが、リノベーションを機に境に合った壁を撤去しLDKに変更しています。


またリノベーションを機に、床材を白系のクッションフロア/居住スペースの壁には漆喰を施工することによって室内機能性改善させることに成功しています。



洋 室


洋室ビフォーアフター

洋室クローゼットビフォーアフター

北側洋室もLDK同様、リノベーションを機に床材/壁材を変更しています。北側洋室にはもともと収納スペースが設置されていますが、改修前は棚が設置されていたため使い勝手があまりよくありませんでした。


そこでリノベーションを機にクローゼットに変更することで、洋服を沢山収納することができるようになりました。



和 室


和室ビフォーアフター

弊社物件にはもともと和室が標準となっていました。一般的に和室があると集客上不利になりやすくなることから、リフォームを機に和室に変更する物件が多いのが現状です。


しかし、和室から洋室に変更するのと和室を生かし琉球畳にするとでは費用的にそれほど差異はなく、さらに琉球畳にすることで「日焼けがしにくいことから退去時の表替えは不要」になることから、弊社物件ではリノベーションを機に琉球畳に変更することで、あえて和室を残しています。



琉球畳はあまりメジャーではないため、内見時とても驚かれます。和モダン空間が魅力的な琉球畳にすることで逆に入居促進に繋げることができるため、弊社物件では和室をあえて残しています。



 

▶弊社和室リノベーションについては、過去記事をご覧下さい。


 


洗面脱衣所


洗面台ビフォーアフター

脱衣所ビフォーアフター

リノベーション前の洗面台は、新築時から使用していたもの/脱衣所内には収納スペースが設置されていなかったため、正直利便性はあまりよくありませんでした。


リノベーションを機に洗面台は新しいものに交換し、また脱衣所内には可動式の棚を設置しました。


また洗面脱衣所内の内装も一新したことで、清潔感がある洗面脱衣所になっています。



トイレ


トイレ ビフォーアフター

トイレは平米数が部屋の中で最もないことから、壁紙交換はとてもしやすくなります。


弊社物件ではリノベーションを機に、トイレ本体以外はすべて変更しています。アクセントとしてタイル風のアクセントクロスやアンティークなタオル掛けを設置することで、「映えるトイレ」となり室内印象がとても良くなります。



浴 室


浴室 ビフォーアフター

上級グレードのリノベーション部屋の浴室は、フルリノベーション対応していますが、今回の部屋はSecondlineであるため、水栓及び鏡のみ交換しています。



ただ水栓を一新することで古さが目立ちにくくなるため、内見時においてもマイナスになることはありません。


 

▶弊社浴室リノベーションについては、過去記事をご覧下さい。


 


玄関エントランス


玄関エントランス ビフォーアフター

シューズボックス ビフォーアフター

玄関エントランスは、内見者が一番最初に室内確認するエリアとなるため、エントランスのクオリティー次第で成約の可否が決まってしまうと言っても過言ではありません。



弊社物件では、リノベーションを機に

  • シューズボックスを一新

  • 玄関照明をIKEA照明/もしくはダウンライトに変更

  • 壁棚を設置することで、映えるエントランス空間を演出

させています。当然ではありますが内装も一新させることで、暗くなりがちな玄関エントランスが華やかとなり、内見者の第一印象が良くなります。



4.まとめ


今回は不人気3DK→2LDKリノベーション前に成約となった部屋のリノベーション事例について、お伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。




集客ターゲットに合致したリノベーションを展開するができれば、リノベーション前であっても早期成約に繋げられることを今回の成約で改めて実感することができました。


また部屋探ししている方は賃貸検索サイト以外でも検索している可能性があり、集客媒体を見直すことで新たな顧客開拓ができることも、今回の成約で改めて理解することができました。





今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 



閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page