top of page

賃貸リノベーションで防音対策はできる?


賃貸管理会社に寄せられるクレームの中で、騒音問題は常に上位にランクインしています。騒音と言っても「音の種類」「周辺環境状態」「時間帯」によって感じ方が異なり、さらに人によって騒音に対する定義が異なることから、騒音問題は築年数/構造躯体関係なくどの物件でも起こり得る問題。



騒音問題で最も多いクレームは「上階からの(足音)生活音」です。



騒音問題が長引くと退去のきっかけを作ってしまうことになり、場合によっては告知義務対象物件になってしまいます。しかし賃貸リノベーションで防音対策を行うことで、ある程度は緩和されます。



本投稿は賃貸リノベーションで防音対策は可能かどうかについてお伝えいたします。






 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】



1.築古物件の悩みとは?


築古物件の悩みとは?

築年数が古くなると室内機能性は低下します。事実賃貸物件に入居される方の約8割は室内機能性(断熱、湿気、防音)に対し不満を感じ、その内の3割は引越しを検討していることがわかっています。


 

▶上記アンケート詳細は、こちらをご覧下さい。


 


昨今はおうち時間が長くなっているため、騒音トラブルが発生しやすくなっています。そのため築年数が古い物件をリノベーションする際防音対策をしっかりと行わなければ、長期入居に繋げにくくなります。




2.賃貸リノベーションで防音対策はできる?


賃貸リノベーションで防音対策はできる?

賃貸リノベーションで防音対策する際、音の原因をしっかりと把握することが重要です。音の伝播には2つあり


  • 隣から話し声や泣き声が聞こえてくる:空気伝播音

  • 上階から足音が響く:固体伝播音


があります。現実的にリノベーションで騒音をシャットアウトするのは不可能です。リノベーションで対応できるのは遮音もしくは吸音対策となり、これらを行うことで従前と比べると伝播音を軽減することが期待できます。



それではそれぞれの対策についてみていきましょう。




1)床材


階下で生活している貸主が、天井から固体音(足音や何かが落ちる音など)が聞こえる場合、上階の床材を対応することである程度の生活音は軽減できます。



効果が期待できる床材はクッションフロアです。クッションフロアは裏側にクッションが貼付されているため吸音効果が期待できます。




 

▶クッションフロアの詳細は、こちらをご覧下さい。


 

2)壁材


漆喰

隣が隣接している部屋では隣からの話し声などが響きやすくなります。空気音を軽減するには壁の遮音性を高めるのが効果的です。



一般的には遮音シートもしくは遮音ボードを施工するケースが多いのですが、ただ両者とも施工後壁が厚くなるため、圧迫感を感じてしまうのがデメリットと言えます。



そこでおススメなのが漆喰です。



漆喰は多孔性(無数の小さな穴が開いていること)構造となっています。多孔質構造は吸音効果が期待でき、さらに漆喰を施工する際2~4ミリ程度の厚みが生まれるため、遮音性が高まり部屋が狭くなることはありません。



漆喰は完全手作業となることから、壁紙と比べると平米単価が3倍近くになります。



しかし漆喰は「日焼けがしにくい」「上から補修が可能」となるためランニングコストを抑えられ、壁自体が温かみを感じるためクオリティーが高い部屋になります。


 

▶漆喰に関しては過去記事をご覧下さい。


 

3)借主属性を高める


賃貸物件の生活音問題は、借主属性が悪いほど問題が発生しやすくなります。



一般的に「家賃値下げ集客を頻繁に行っている」「入居審査が甘い」物件は、属性が悪い人が入居しやすくなるため、トラブル発生率が高くなります。



リノベーションで防音対策を行う際には、借主属性を高めることも非常に重要です。




4)防音対策のメリット


部屋探しされる方は、賃貸物件の生活音問題に関して関心を持っています。そのためリノベーションで防音対策を行い、その効果を内見時に伝えることができれば入居促進に繋げることが期待できます。



弊社物件は築年数が経過しているため2018年からリノベーションを行っています。床材は吸音効果が期待できるクッションフロア、壁材は一部の部屋に漆喰を施工し、リノベーションを機に家賃値上げを行っています。



防音対策を行い、更に家賃値上げを行ったことから、借主属性が高くなり騒音トラブルが発生したことは今まで一度もありません。防音対策を強化するとリノベーション費用が高くなりますが、費用対効果としては十分満足できると考えています。



3.まとめ



今回は賃貸リノベーションで防音対策は可能かどうかについてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。



賃貸物件は構造上一定の生活音はどうしても発生してしまうもの。ただ人によって音の認識が異なるため防音効果が期待できると言われているRC構造物件でさえも、生活音問題は発生しています。



ただ今回紹介した防音対策をを行うことで、従前と比べると遮音性が期待できるため騒音トラブルを軽減することが期待できます。



今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 




閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page