top of page

誰でもできる!賃貸内見1回で成約を勝ち取る方法

更新日:5 日前



賃貸物件を探されている方は、基本的に賃貸検索サイトを使って、希望条件に合った複数の部屋をピックアップ→内見を行い、最終的に1部屋に絞り込み契約されます。



内見予約が入った段階で少なくとも「最終候補物件」に含まれますが、賃貸内見からの成約率はおよそ20%と言われています。そのため成約率を高めるには必然的に内見数を増やすことがカギとなります。



弊社物件は築年数が古くまた物件がある山梨県は日本一空室率が悪い県と言われていますが、弊社ではある方法を実践することで内見された方の約8割は内見当日に入居申込をされています。



本投稿は誰でもできる!賃貸内見1回で成約を勝ち取る方法についてお伝えいたします。


 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 


【本記事でお伝えする結論】





1.誰でもできる!賃貸内見1回で成約を勝ち取る方法



築年数が30年を超え家賃相場より高い家賃設定にしている弊社物件が、どうして内見当日に高い確率で「入居申込」を頂くことができてるのか?一言で言えば「顧客が物件のファン」になったからです。



弊社物件は2018年以降空き部屋を随時リノベーションしております。弊社物件はファミリー物件で入居される方は20~30代カップル/新婚さんが多く部屋探しの主導権は女性が握っています。



そこで女性から支持が高く競合が真似できない「カフェスタイル」に特化したリノベーションを行うことで魅力的な部屋に生まれ変わったことから、女性からの反響数が多くなり早期客付けさせることに成功しています。




(1)SNSを活用したファンづくり




そこで弊社物件ではリノベーションされた部屋情報を、SNSを使って配信しています。SNS媒体を使ったファンづくりで、一番重要となる部分は「映える部屋+生活ストーリーが浮かんでくるようなキャッチフレーズ」をつけること。





こちらは、弊社公式Instagramです。



リノベーション部屋をSNSで公開する場合、生活イメージが連想できるようなキャッチフレーズがあると、訴求効果が期待できるため反響数を伸ばすことが期待できます。



実際弊社物件に入居される約8割は、公式サイト経由からであることを踏まえると、SNSを活用したファンづくりが、いかに重要であるのかがご理解いただけるはずです。




(2)リノベ部屋が本当に住みやすいのか、説明できるか?


物件成約率を高めるには「決め手」となる説明が重要となります。ただ大多数の物件は「決め手となるような具体的な説明」を行うことができないため、成約率が悪くなってしまいます。



弊社物件では物件独自の見学会を開催しているため、弊社代表が物件説明を行っています。



弊社代表はリノベーション部屋に入居された借主に「入居後の暮らし」に関するインタビューを過去3回行っているため、内見時に借主の声をそのまま伝えることができます。



その結果従前と比べより具体的な説明をすることができるようになったため、成約率を高めることに成功しています。



 

▶借主取材の詳細に関しては、過去記事をご覧下さい。


 


2.リノベーションを強化している理由

リノベーションを強化している理由


弊社がリノベーションを強化している最大の理由は「長期入居」して頂き安定した家賃収入を確保したいからです。



近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態になっています。そのため借り手有利/契約更新時家賃値下げ要求が発生しやすくなります。



客付けできても契約更新時家賃値下げを余儀なくされてしまえば、安定した家賃収入を得ることが難しくなってしまいます。



弊社が展開している「カフェスタイル」に特化したリノベーションは、自然素材の材料を可能な限り使用しているため、資産価値を最大化させることができ目減りを最小限に抑えることができます。



その結果従前と比べ長期入居者が多くなり、さらに更新時家賃値下げ要求を回避させることができたため、安定した家賃収入を得ることに成功しています。



 

▶弊社リノベーション事業に関しては、過去記事をご覧下さい。


 


3.仲介会社までもファンになっている?


仲介会社までもファンになっている?


不動産仲介会社は契約成立報酬となる仲介手数料が売り上げのほとんどを占めています。また賃貸における仲介手数料は法律により最大家賃1,1か月分までとなっているため、仲介担当者には契約ノルマが課せられています。



そのため仲介会社は「成約につながりそうな物件」を最優先に紹介/案内するため、競争力が高い築浅/リノベーション物件は優先的に紹介されやすくなります。



弊社リノベーション物件は競合物件との徹底的な差別化を図ったリノベーションを展開しているため、他社仲介会社から紹介されやすくなっています。一昨年3月後半から5月にかけて3件退去が発生したものの他社仲介会社からの紹介により2か月余りで3件とも成約となりました。





4.まとめ


今回は誰でもできる!賃貸内見1回で成約を勝ち取る方法についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態となっているため、築年数関わらず競争が激化しています。その中で早期客付けを目指すのであれば、部屋探しされる方が「笑顔」になれるような部屋を提供した方が、結果的には費用対効果を高めることができます。




 

▶︎お知らせ◀︎


有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。

 
 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 


閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page