top of page

仲介会社担当者が思わず紹介したくなる物件とは?

更新日:6 日前


近年の賃貸部屋探しの特徴は、事前に賃貸検索サイトで希望条件に合致した複数の物件を内見しています。そのため昔と比べると仲介会社訪問件数は減少しているため仲介担当者がおススメ物件を紹介することは少なくなっています。



ただ内見先物件と仲介担当者が勧めたい物件条件が類似していると、紹介される確率は高くなります。



仲介担当者にとって「紹介したい物件=成約率が高い物件」のため、もし貸主物件が担当者が紹介したい物件リストに入っていれば客付けがとてもラクになります。



本投稿は仲介担当者が思わず紹介したくなる物件についてお伝えいたします。


 

▶︎お知らせ◀︎


私の経営する有限会社 山長ではアパートの経営改善、空室対策など賃貸経営者を支援するコンサルティングサービスを行なっています。自己破産寸前の状態から空室ゼロへ、そして安定した入居率を実現するまでに至った経験をもとにオーナー様と一緒になって改善のお手伝いをさせていただきます!

まずはお手軽無料相談からお問い合わせください。


 

 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】



1.仲介担当者の本音


仲介担当者の本音

不動産仲介会社が物件契約で得られる報酬は、仲介手数料のみです。仲介手数料は法律によって最大家賃1,1か月分までとなっているため、仲介担当者には契約ノルマが課せられています。



契約数を伸ばすには、内見同行した物件を確実に成約させることが求められますが、冒頭でもお伝えした通り部屋探しされる方は複数の物件も内見しているため確実に客付けできる保証はどこにもありません。



そこでもし内見同行した部屋と担当者が勧めたい物件の条件が類似していれば、そちらを紹介した方が成約率は高くなります。物件募集する際は仲介担当者の心理状態を把握すると客づげがとてもラクになります。


2.仲介担当者が思わず紹介したくなる物件とは?


仲介担当者が思わず紹介したくなる物件とは?

仲介担当者は毎日のように内見同行/新規物件情報を確認しています。そのため「客付けしやすい物件」をある程度把握しています。



早期客付けしやすい物件の特徴としては



  • 物件第一印象がGOOD!

  • リフォーム/リノベーションされている

  • レスポンスが早い



以上3点となります。それではそれぞれの特徴を見ていきましょう。


物件第一印象がGOOD


内見先の物件第一印象が良かったかどうかで、成約の可否は決まってしまうと言っても過言ではありません。



物件内見する前、敷地内ごみ置き場/駐輪場/共用廊下/外観は必ず確認されます。そのためごみ置き場や外観などが汚いとその時点で物件印象が悪くなり、仲介担当者が頑張って紹介しても客付けは厳しくなります。



賃貸経営がうまくいっている物件は物件清掃に力を入れています。物件清掃は貸主でもできる仕事ですので物件が自宅近くにある場合は、貸主自ら掃除することで物件PRにもつながります。


 

▶物件第一印象の詳細は、過去記事をご覧下さい。


 

リフォーム/リノベーションされている



近年では部屋探しの多様化が進み、昔ほど築年数だけで物件判断されることは少なくなりました。



特にリノベーション物件はデザイン性が高いため、最近ではリノベーション物件に入居される方が増えてきています。



仲介担当者も新築や築浅物件より家賃帯がリーズナブルなリフォーム/リノベーション部屋は客付けしやすいと考えるため、紹介される確率は高くなります。


 

▶紹介したくなるリノベーション部屋については、過去記事をご覧下さい。


 

レスポンスが早い


近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態となっているため、借り手側が圧倒的に有利です。そのため内見時/入居申込時に家賃交渉などが入りやすくなります。



入居条件を変更する場合原則貸主決裁が必要になります。交渉が入った場合仲介担当者は管理会社経由で貸主決裁を仰ぐことになりますが、レスポンスが遅くなると客付けが難しくなる可能性が高くなります。



賃貸経営に成功している貸主は、物件募集の段階である程度の権限を仲介担当者に移譲しているため、紹介される確率が高くなります。


3.仲介担当者が紹介したくない物件


仲介担当者が紹介したくない物件


一方「仲介業務に協力してくれない」物件は、仲介担当者から忌避されます。



貸主が仲介業務に協力しない/最低限のリフォームをしなければ、客付けしたくても難しくなるため最悪「当て馬」物件扱いされる可能性が高いです。



 

▶仲介会社から嫌われる物件詳細は、過去記事をご覧下さい。


 





4.まとめ


今回は仲介担当者が思わず紹介したくなる物件についてお伝えしました。冒頭でお蔦したポイントをもう一度確認しましょう。




賃貸経営はどうしても空室(退去)が発生しますが、早期客付けができるかどうかは仲介会社次第といっても過言ではありません。



仲介会社から信頼される物件になれば、他社仲介会社でも紹介してくれる可能性は高くなります。



弊社物件は大手管理会社に管理委託していますが、差別化リノベーションを展開したことで近年では他社仲介会社から物件紹介されるようになり、その結果2020年以降満室+増収増益を達成できるようになりました。



▶弊社リノベーション詳細は、過去記事をご覧下さい。





今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 

空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 




閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page